Designers-Degustation「デザイナーズ・デギュスタシオン」

それは、パーティの夜に始まった。新しい味を引き出す「ファッションのヌーベルキュイジーヌ」

デザイナーズ・デギュスタシオン会場はこちら

それはパーティーの夜に始まった。


2016年9月。

Miki MIALYのMikiさんのホームパーティーに招待された私は、
Parisに持っていった服の中から着ていくものを選んでいた。

なんとなく、ヒールを履くのが疲れたのでスニーカーにしようと思い、選んだ服は

Miki MIALYのウエストがゴムのバルーンスカート
TSUNODAの麻が入ったVネックのトップス、
そしてYOSHI KONDOのカーディガン。

楽な服で、と思って着て行ったところコーディネートがMikiさんの目に留まった。


その日集まっていのはParisで活躍するデザイナー 
TSUNODAのYukikoさん、
YOSHI KONDOのYOSHIさんもいらしたのである。

その後Mikiさんから
「日本人デザイナーの作品を集めて期間限定ショップをやりたい。
コーディネートは渡辺さんにお願いしたい」というメールが届いた。


この話が具体的になった時、私の頭に浮かんだのは
レストランのデギュスタシオンメニューだった。


デギュスタシオンとはテイスティングのように、少しずついろんな味を楽しむスタイルである。

日本の会席に似ている。

それぞれ素材や味の違うブランドをMixして、
新しい味を引き出す 「ファッションのヌーベルキュイジーヌ」。

カッコイイ系のブランドをラブリーなブランドとあわせたらどうなるのか。
きっとどっちの味も生かされて 今までに無いテイストになるに違いない。

今回のこの企画では
いつも同じものばかり食べていないで、たまにはこんな料理もいいよ?

とあなたに提案したい。

その新しい味は、きっとあなたの五感に訴えかけ、新しい喜びをもたらすと思うから。

半年前から準備した、「お洒落で新しい期間限定レストラン」が
まもなくOPENしようとしている。


さあ、皆さん、美味しく召し上がれ。

スタイリング ディレクション:Hiromi Watanabe

会場はこちらから

Miki MIALY
Miki MIALY
パリを拠点とする日本のファッションデザイナーとして知られています。

Miki MIALYの服は、品質、デザイン、独創性に焦点を当て、細部まで手抜きを許しません。

トーンとカラーを慎重に選択してコレクションのスタイルと完全に一致させ、
ファブリックの特性を生かしたカッティングとシルエットで着る人を魅了するのです。

素材、色、シルエットへのアプローチは、心地よい仕立てと
女性が安らかに感じるもの、そして凛とした中に
女性らしさを兼ね備えています。

フェミニンで官能的かつシックでありながら、服が目立ちすぎることが無く、女性を包んでくれます。
divka(ディウカ)
divka(ディウカ)
2011年に設立。

コレクションの根底にあるのは出会った人々と時間や場所を越えてコミュニケートするという想い。

2012年、MANGO FASHION AWARD 4th Editionにて10人のファイナリストに選出され、
スペイン/バルセロナにて展示、ショーに参加。

2012 TOKYO新人デザイナーファッション大 賞プロ部門にて支援デザイナーに選出され、
東京都知事賞を受賞した彼らは、「誰も知らない服を、作り出そう」という試みで今シーズンのコレクションを発表しました。

服は着るものですが、いろいろな概念を取り除いて 新しい美しさのクリエイトに挑戦しているブランドです。
CARDE COLLECTIVE(ギャルデコレクティブ)
CARDE COLLECTIVE(ギャルデコレクティブ)
コンフォートな素材で作る、スタイリッシュで時間のかからない洋服たち。

媚のない独創的な、素材コンビネーションの洋服たちは
一見マニッシュに思えるが、着た時に女性らしさが隠し味として出てくるような印象を受けます。

「あなたのセンスで自由にどうぞ」

という押し付けの無いスタイルは、
心地が良くストレスフルなファッションを日常に持ち込むことができるでしょう。
TSUNODA PARIS/YUKIKO TSUNODA
TSUNODA PARIS
YUKIKO TSUNODA
MENS BIGIの中の婦人服ブランド
HALF MOONを経て1997年にパリで設立。

ケミカルな繊維よりも、ナチュラルやオーガニックな
素材を使うことが多く、夏には麻100%のワンピースやシャツ
など何年も経て体になじむ服を作っています。

ディテールはレースやフリルを使って甘くスイートな
印象ですが、シルエットはMODEとエフォートレスを
取り入れ、着た時にコンフォートな感じを受けます。

購入後何年か経って、また着てみると古さを感じさせず
なぜか新鮮さを感じるのは、独自のスタイルを持ち続けているからなのでしょう。

当店でもたいへん人気のあるブランドで、
優しくてかわいいのに、豪快ともいえるたっぷりした
生地使いで甘辛バランスの絶妙さがお客様の心をつかんでいます。
ORNER(オルネア)
ORNER(オルネア)
ORNERは革やフェミニンな半貴石、ストーン、淡水パールのような暖かい素材を使って作ったジュエリーブランドです。

繊細さと大胆さをミックスさせ、ファッションの最後に香水を一噴きするかのようにつける、存在感のあるジュエリー。

ORNERのロゴは太陽のクロス意味し、調和のシンボルであり
ファッションとジュエリーの融合にふさわしいエンブレムとなっています。

デザイナーズ・デギュスタシオン会場はこちら